しろい外壁

postheadericon 外壁塗装の役割

外壁塗装の役割は見た目を綺麗にするということだけではなく、家を長持ちさせるということも重要な役割です。

外壁は雨、風、紫外線、にさらされ、徐々に劣化していきます。
その為、家自体の強度も低下し、また外壁のひびから雨水が入り込むなどしてカビが発生するなどの事も起こりやすくなります。
こういうことからも、定期的なメンテナンスとしての外壁塗装のリフォームは大切であるといえます。

外壁塗装のリフォームの目安は、環境によっても違いますが、新築から大体10年程度と言われています。
外壁の見た目から判断する場合、壁のひび割れ、鉄の部分のさび、カビやこけ、チョーキングと呼ばれる壁を触った時に手が白くなる場合、などが挙げられます。
これらの事がみられる場合にはリフォームを考える必要があります。

外壁塗装には様々な素材や方法がありますが、家の見た目もこだわりたいという場合には塗り壁と言う方法があります。
塗り壁は職人による手作業で塗っていくもので、独特のデザインの外壁ができます。
塗り壁は日本の伝統的な工法として知られていますが、湿気を吸ってくれる機能もあり日本の風土に合っていいる方法であるともいえます。
塗り壁素材として挙げられるものは、漆喰と珪藻土です。
漆喰は石灰を主原料としていて、湿気を吸収する機能があり、カビが付きにくい性質もあります。
珪藻土は、植物プランクトンが長年堆積したことで出来た土で、それ自体が呼吸し、空気清浄をしてくれる性質もあるといわれています。
これらは天然素材であり、シックハウス症候群が気になる人にも安心であるといえます。

リフォームを考える際には様々な方法や素材を比較して選ぶことが重要です。

部屋のリフォーム

postheadericon リフォームの際には

家を建築し10年ほど経つと、住宅会社とリフォームについての相談をすることになります。
だいたいこのくらいの年数で、家の様々な部分のチェックを施すことが一般的なようです。
その際に、外壁塗装のチェックを行います。

新築の頃にはきれいな外壁塗装でも、年数を重ねるにつれて、色おちやひびが入ったりすることがあり、見た目が古びて見えてきます。
何年かに一回は、外壁塗装の見直しをすることは必要なことです。

塗り壁の場合は、順序よくリフォームが行われていきます。
まず足場を組み、塗装前に高圧洗浄が行われます。
素人には出来ない作業ですので、リフォーム業者に依頼する価値があります。
塗り壁の汚れや藻、カビなどが高圧の洗浄によって勢いよくきれいになっていきます。
その後、塗り壁は新しい塗料によって塗装が施され、きれいになっていきます。

最近の塗料は、藻やカビがつきにくく、ひびが割れにくいものも開発されていますので、外壁塗装リフォーム業者から塗り壁の塗料について説明を受けることも大切です。
自分達の家について愛着をもつことにつながります。

外壁塗装は、家を外から見た時に目立つ部分ですので、なるべくきれいに塗装が施された状態でいたいものです。
何年かすると必ずしなくてはならないものと思いながら、そのためのリフォーム費用は準備するなどして、家の補修や管理はきちんと行いたいものです。
きれいな外壁塗装は、住む人達の気持ちもフレッシュに、気分よくさせてくれます。